10メートル以上流す

トイレに対しての節水の意識は、間違った節水方法と考えるべきではないでしょうか。トイレタンク内部の水を減らして節水するという人たちもいるでしょうか。 ペットボトルをトイレタンク内部に入れて満足げな顔をしている人たちもいらっしゃるのかもしれませんがトイレつまりのトラブルの視点から見れば、そのような行為が要注意です。賃貸でお住みの方々などはかつての住人がそのような仕掛けをしてないか一度チェックをしてみましょう。

更にトイレタンク内部の水を全部流さず節水するという方法があります。ペットボトルを中に入れないでもフロートバルブに取り付けるタイプの節水弁などによる方法があります。トイレタンク内部の水を全部流さず、半分位の水位を残すことで節水するというものであり、このようなものが2000円程度で販売されているようです。

なんで節水というモチベーションがトイレにとってデメリットなのでしょうか。トイレを作るメーカーはそれぞれの便器で流水テストを行っています。水はただ汚物を流せばいいということではなくて、便器を出たあと排水管を通って10メートル以上は流さないといけないという基準に従っているのです。

素人のみなさんには、10メートル以上というルールについて全然理解出来てないケースが多いのです。

節水トイレは……

最近では節水トイレがありますが、それとこれとは全然話しが違うと考えてください。節水トイレは少なめの水量でも水流を工夫することによって、少量の水でもつまりが発生することはありません。いつでも少ない水でもスムーズに生活することが出来るトイレのことです。

安心で安全に節水効果を得るために設計されているトイレであり、普段私達が使用しているトイレはそれに該当しません。

ただし最近の節水トイレでも100%トイレのつまりが起こらないという訳では実はないと言います。トイレットペーパーを大量に流してしまった時など、やっぱりトイレのつまりは起こってしまうようです。節水トイレでもトイレのつまりが起こってしまった場合、普通のトイレのつまりと同じような対処の方法を考えてみましょう。

節水トイレでも水に対して圧をかけるラバーカップを使用することがありますし、ワイヤーを通し異物を取り除く方法があります。やっぱりいざという時のために家庭には一個ラバーカップを用意しておくべきものではないでしょうか。節水トイレの場合、水量を調整することが可能というケースもあるようですが、基本流れやすいように水流が工夫されているというものの、そこに限界は存在しているものです。

トイレのつまりが……

みなさんも少しでも経済的に浮かせようと思ってトイレに対して節水という意識を持っているかもしれないですよね。 しかしトイレに対しての節水意識ってかなり注意をしなければならないことがあると言います。トイレは日々使用するものです。安易なノウハウによって突然トイレが使用出来なくなってしまうことがあるかもしれません。やっていいこと、やっては駄目なこと、しっかりみなさんは分別出来ているでしょうか。

トイレのつまりには節水が原因となるケースが非常に最近増えていると言われています。気持ちは非常に理解出来るものの、トイレに対しての節水はあまりおすすめ出来ることではありません。大便器の場合は小便器とも違いある程度の水量が必要となるものなのです。見た目これだけの水が流れているから大丈夫という素人目の安易な判断が禁物です。

節水のために水量を最低限必要な分より減らしてしまうことで、流れきることが出来なくなってしまったり、一見流れたように見えても配管内で止まっている場合があり、蓄積によって間違いなくトイレのトラブルが起こってしまうことになります。今は大丈夫だとしても、次に使用する時にはトイレの大トラブルが起こってしまう危機に瀕しているのかもしれません。

トイレをスムーズに使用していただくためには、ある程度の水の量は確保しなければならないということをはっきりと覚えておきたいものです。最近では、節水トイレがありますが、それとは全然話しが違うのです。