節水トイレは……

最近では節水トイレがありますが、それとこれとは全然話しが違うと考えてください。節水トイレは少なめの水量でも水流を工夫することによって、少量の水でもつまりが発生することはありません。いつでも少ない水でもスムーズに生活することが出来るトイレのことです。

安心で安全に節水効果を得るために設計されているトイレであり、普段私達が使用しているトイレはそれに該当しません。

ただし最近の節水トイレでも100%トイレのつまりが起こらないという訳では実はないと言います。トイレットペーパーを大量に流してしまった時など、やっぱりトイレのつまりは起こってしまうようです。節水トイレでもトイレのつまりが起こってしまった場合、普通のトイレのつまりと同じような対処の方法を考えてみましょう。

節水トイレでも水に対して圧をかけるラバーカップを使用することがありますし、ワイヤーを通し異物を取り除く方法があります。やっぱりいざという時のために家庭には一個ラバーカップを用意しておくべきものではないでしょうか。節水トイレの場合、水量を調整することが可能というケースもあるようですが、基本流れやすいように水流が工夫されているというものの、そこに限界は存在しているものです。