10メートル以上流す

トイレに対しての節水の意識は、間違った節水方法と考えるべきではないでしょうか。トイレタンク内部の水を減らして節水するという人たちもいるでしょうか。 ペットボトルをトイレタンク内部に入れて満足げな顔をしている人たちもいらっしゃるのかもしれませんがトイレつまりのトラブルの視点から見れば、そのような行為が要注意です。賃貸でお住みの方々などはかつての住人がそのような仕掛けをしてないか一度チェックをしてみましょう。

更にトイレタンク内部の水を全部流さず節水するという方法があります。ペットボトルを中に入れないでもフロートバルブに取り付けるタイプの節水弁などによる方法があります。トイレタンク内部の水を全部流さず、半分位の水位を残すことで節水するというものであり、このようなものが2000円程度で販売されているようです。

なんで節水というモチベーションがトイレにとってデメリットなのでしょうか。トイレを作るメーカーはそれぞれの便器で流水テストを行っています。水はただ汚物を流せばいいということではなくて、便器を出たあと排水管を通って10メートル以上は流さないといけないという基準に従っているのです。

素人のみなさんには、10メートル以上というルールについて全然理解出来てないケースが多いのです。